[芸能] 東方神起のチャンミンが日本で映画デビュー、北朝鮮のスパイ役

東方神起メンバーのチャンミンが日本のスクリーンにデビューする。   チャンミンはこのほど日本映画「黄金を抱いて翔べ」にキャスティングされ、中心人物の1人で工学部の留学生を装った北朝鮮出身スパイのモモ役を務める予定だ。   「黄金を抱いて翔べ」は日本ベストセラー作家の高村薫のデビュー作で第3回日本推理サスペンス大賞を受賞した同名の人気犯罪小説を原作に、大阪の街を舞台に繰り広げられる6人の男の金塊強奪作戦を描いた作品。   監督は映画「パッチギ!」で有名な井筒和幸で、チャンミンをはじめ映画「ウォーターボーイズ」、「ジョゼと虎と魚たち」などで韓国でも知られる妻夫木聡、浅野忠信、西田敏行らが共演する豪華キャスティングでも話題を呼んでいる。   映画は1月にクランクインし本格的な撮影が始まっている。今秋に日本全国で公開される予定だ。    

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 02月 02日 13:22