[芸能] SE7EN、パク・ジニョンとのコラボ曲、発売直後音源チャート1位に!

歌手SE7ENとパク・ジニョンのコラボで話題を集めた曲「私が歌えなくても」が公開直後、各音源サイト1位を席巻し大ヒットを予感させている。 「私が歌えなくても」は1月31日の0時、SE7ENの新しいミニアルバムと同時に公開され、Mnet、NAVERなどのリアルタイム音源チャートで1位を獲得、大きな支持を得ている。 この曲は、トップアーティストが華やかな舞台の裏で感じる寂しさを歌っており、寂しさが漂うピアノ旋律のR&B曲だ。特にSE7ENの魅力的なボーカルとパク・ジニョンのプロデュースが見事にマッチされ、洗練された曲に仕上がっている。 音楽と同時に公開されたミュージックビデオは、曲のメッセージを映像化したもので華やかな舞台の上のSE7ENと舞台から降りてきた一人の人間としてのSE7ENの姿が描かれている。 今回のミュージックビデオには、BIGBANGのG-Dragonがカメオ出演し、注目を集めた。SE7ENの後に舞台に上がる歌手として登場したG-Dragonは、BIGBANG復帰の準備で忙しい中、SE7ENのために出演を決めたという。 SE7ENの今回のミニアルバムには「私が歌えなくても」の他に、YGエンターテイメントの看板プロデューサーのTeddyとBIGBANGのメンバーSolが作詞作曲を手掛けたエレクトロニックポップ「SOMEBODY ELSE」など総6曲が収録されており、SE7ENの様々なボーカルの魅力が味わえる。 YGとJYPのコラボで大きな話題を呼んでいるSE7ENは2月5日SBS「人気歌謡」でカムバック舞台に立つ予定だ。  

©enews24 2012年 02月 02日 10:30