[芸能] 俳優チャン・ドンゴン、「紳士の品格」で12年ぶりドラマ復帰

俳優チャン・ドンゴン(40)が12年ぶりにテレビ劇場に帰ってくる。   チャン・ドンゴンは5月から放送されるSBS(ソウル放送)「紳士の品格」に出演する。 チャン・ドンゴンのドラマ出演は、00年のMBC(文化放送)「イヴのすべて」以来12年ぶりという点で注目される。   キャスティングと関連して話題になっていたチャン・ドンゴンは、ドラマ「紳士の品格」と映画「危険な関係」(ホ・ジノ監督)の2作品をめぐって悩んでいたが、「紳士の品格」の初放送が3月から5月に延期されたことで出演を確定したという。   所属事務所のAMエンターテイメント側は31日、「最近『紳士の品格』への出演を最終決定した。 口頭で合意した状態であり、近く契約書に署名する」と明らかにした。    「紳士の品格」はドラマ「パリの恋人」「オンエア」「シークレットガーデン」などで注目された作家キム・ウンスク氏の脚本を担当し、シン・ウチョル・プロデューサーが演出する。 40代の男性のロマンスを描く。 チャン・ドンゴンのほか、キム・ミンジョン、キム・スロ、キム・ミンらが出演する。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 01月 31日 16:11