[芸能] JYJユチョン、船舶安全法違反で警察に? 「直接関係ない」

グループJYJのメンバー、パク・ユチョンが、船舶安全法違反容疑に関連し、参考人として調査を受けていた。   パク・ユチョンは最近、自身の名義になっているヨットの安全検査を受けていないとして摘発され、南海(ナムへ)地方海洋警察庁で参考人調査を受けていたことが明らかになった。船舶安全法89条によると、正当な事由なく船舶検査を受けない場合、200万ウォン(約13万円)以下の罰金が科される。   パク・ユチョンの所属事務所側は26日午後、「担当刑事を通じて確認した結果、パク・ユチョンはヨットを所有する船舶について、その管理代行を委託業者に任せていたが、該当業者が契約を不誠実に履行し、安全管理の検査期間を見過ごしていた」と明かした。   続いて「船舶安全法違反容疑に関連して警察が委託業者を調査中だ。パク・ユチョンは船首として参考人の調査だけを受けた。この問題とは直接関連ない。万一、罰金が生じても、パク・ユチョンではなく、業者が責任を取らなければいけない部分」と伝えた。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 01月 27日 10:44