[芸能] 韓国の美女スターが金融マンと恋に落ちる理由は?(1)

タレントのヒョニョン(36)が外資系金融会社に勤める男性と3月に結婚をすることが先日伝えられ、美女スターと金融マンとの結婚ラッシュに再び注目が集まっている。   最近に入り、結婚したり熱愛事実を認めたりしている女優は、約束でもしたかのように、一様に金融マンがパートナーだ。金融マンとの結婚ラッシュに合流することができなければ美女スターではないという変な言葉が出てくる始末だ。   ヒョニョンに先立ち、昨年11月に結婚したグループ「s#arp(シャープ)」の元メンバーで女優のソ・ジヨン(30)も、5歳年上の金融マンの元に嫁いだ。穏やかな印象のソ・ジヨンのパートナーは、ソウル名門大を卒業後、現在有数の金融会社で勤務中であることが知られている。   昨年10月には、ミスコリア出身でタレントのイ・ジソン(29)も、外資系金融会社モルガン・スタンレーに勤務する男性と結婚式を挙げて世間から羨望を集めた。イ・ジソンより6歳年上のイさんは、知人の集まりでイ・ジソンと知り合い、4年間の熱愛の末に結婚に至ったという。   昨年7月には、タレントのイ・へヨン(41)が、米国ハワイで1歳年上の金融マンと絵のような挙式で話題を集めた。約2年間の交際の末に夫婦の縁を結んだイ・へヨンは、現地で1週間のハネムーンを楽しんだ後、帰国して韓国で新しい所帯を構えた。   美女と金融マンとの結婚は、2007年5月に婚姻誓約を結んだハン・チェヨン(31)までさかのぼる。8年以上の交際期間を経て、2007年に金融界の事業家と結婚した彼女は、依然とバービー人形のようなプロポーションで女性からの妬みを買っている。その上、清潭洞(チョンダムドン)に位置する彼女の広大な新居と愛車のスーパーカー、ランボルギーニはいつも話題だ。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 01月 27日 09:40