[芸能] ドラマが延長放映? …MBCニュース“制作拒否”による短縮放送で

MBC(文化放送)ニュースの短縮放送で、ドラマ「太陽を抱く月」の放送時間が増えた。   25日の「太陽を抱く月」は普段より早い午後9時50分に始まり、11時10分まで約80分間放送された。これは普段の70分間放送より10分長い。MBC記者会の制作拒否宣言で、午後9時放送の「ニュースデスク」が普段より35分ほど短い15分間だけ放送されたからだ。   「ニュースデスク」のクォン・ジェホン・アナウンサーはニュースの最後に「記者の制作拒否でニュース放送時間が短縮された点についてお詫びします。ニュース放送の正常化のために努力します」と述べた。   一方、MBCニュースは今週末まで短縮放送されるという。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 01月 26日 09:43