[芸能] 社会現象を巻き起こした韓国ドラマ、日本で放送

韓国で大きな話題を呼んだドラマ「シークレットガーデン」が日本の衛星放送で放送される。   日本のチャンネル情報誌「web ザ・テレビジョン」によると20日、「シークレット・ガーデン」がNHK BSプレミアムを通じて4月5日から放送される。   続いて「韓国で視聴率37.9%を記録し、サントラ楽曲がK-POPチャートを独占するなど、数々の社会現象を巻き起こしたドラマ」とし、「ファンタジーや本格的なアクションの要素を加え、新境地を開いた作品」と紹介している。   同作は、恋愛に興味のない財閥の御曹司キム・ジュウォン(ヒョンビン)とスタントウーマン(ハ・ジウォン)が織り成すロマンスドラマ。彼らのほかに、日本で歌手としても活動しているユン・サンヒョンや「太王四神記」のイ・フィリップら豪華キャストが脇を固めている。   一方、ヒョンビンは現在、海兵隊員として服務中で、ハ・ジウォンはドラマ「ザ・キング」のキャスティングが確定したばかりだ。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 01月 20日 17:54