[芸能] ワンダーガールズ主演のテレビ映画、米国全域で放映

5人組ガールズグループのWonderGirls(ワンダーガールズ)を主人公にしたテレビ映画が来月米国全域で放映される。   JYPエンターテインメントは3日、「ワンダーガールズを主人公にしたテレビ映画『The Wonder Girls』が来月2日に米国ケーブルチャンネルのティーンニックで初放送される」と明らかにした。ワンダーガールズが米国で歌手として活動しながら実際に体験しそうなエピソードに多様な楽しさを加えたフィクションだ。   ティーンニックは世界4大メディアグループのひとつのバイアコム系の青少年向けチャンネルだ。JYPは「ポップスターのマライア・キャリーの夫として有名なティーンニックのニック・キャノン会長が、ワンダーガールズの成長の可能性を高く評価し今回の映画製作を決めた。アジアの歌手が米国のテレビ映画の主役を演じるのは初めて」と話した。   ワンダーガールズは映画放映に先立ち11日にラスベガスで開かれる国際家電見本市CES2012に出席し、テレビ映画主題歌の「The DJ is mine」のミュージックビデオ公開イベントを行う。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 01月 04日 13:37