[芸能] 俳優ヨン・ジョンフン、映画会社の社長から巨額の詐欺に遭う

俳優のヨン・ジョンフン(34)から巨額の借金をし、返済できなくなった映画会社社長のシン容疑者(28)が拘束起訴された。   検察によると2日、シン容疑者は昨年9月、ソウル江南区(カンナムグ)のあるホテルでヨン・ジョンフンに会い、「刑事合意金2億ウォン(約1300万円)が必要だが、貸してくれれば1週間以内に返す」と言ってだまし、彼から3億ウォン(約1995万円)を銀行から借りさせ、うち2億100万ウォン(約1400万円)を受け取った疑いをもたれている。   また、シン容疑者は「鑑定書があれば12億ウォン(約8000万円)、なければ5億ウォン(約3300万円)で売れる仏像がある。鑑定書を受け取る間だけ、あなたの車を担保に銀行から金を借りてくれれば、仏像を処分して返済する」と言ってだましたという。   債務督促を受けるようになると、シン容疑者は昨年11月にヨン・ジョンフンに会い、「投資開発会社の代表理事の名義をあなたに変更して、投資を受けて金を返済することができる」と言って、名義変更費用の名目で4200万ウォン(約280万円)を追加で受け取っていたことも明らかになった。また、この2日後にヨン・ジョンフンに1億ウォン(約660万円)を借りさせ、金を受け取ろうとしたが未遂に終わっていたことも伝えられた。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 01月 04日 13:13