[芸能] 韓国の年末演技大賞、女優たちのホットなドレス姿

韓国の放送3局の2011年演技大賞授賞式では“逆転”はなかった。しかし、プレゼンテーターや受賞者として出席した女優は大胆なドレスファッションで年末を熱くしてくれた。中でもベストドレッサーとして、女優のコ・ヒョンジョンとコン・ヒョジンの2人を上げられるだろう。彼女たちはビビットなワントーンカラーで個性を生かしたドレスを披露して注目を浴びていた。   「2011 MBC ドラマ大賞」ミニシリーズ部門の女性最優秀賞を受賞したコン・ヒョジンは、黄色いロングドレスを選んだ。特別な装飾は一切ないシンプルなデザインだったが、ウエスト部分でカットされたドレスでボディーラインを少しだけ見せ、きわどい魅力を発散した。時期外れの“春の女神”という言葉が思わず出てしまうほどに華やかだった。かわいらしい花模様のイヤリングもドレスと絶妙な調和を見せていた。   「2011 SBS 演技大賞」で大賞のプレゼンテーターとして出た女優のコ・ヒョンジョンの強烈なホットピンクのドレスも印象的だった。シルエットがそのまま露(あら)わになる深いスリット入りのロングドレス姿で、一段とスリムになった体と脚線美を余すことなく披露した。また、完ぺきなその8頭身プロポーションも人々の視線を釘付けにしていた。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 01月 04日 11:48