[芸能] 俳優チャン・グンソク、「韓日での人気の差、自分が一番分かっている」

韓流スターのチャン・グンソクが、韓日両国での違いすぎる人気について、自身の考えを明らかした。   チャン・グンソクは1日に放送されたKBS(韓国放送公社)第2テレビのドキュメンタリー番組「新韓流の中心-私はチャン・グンソク」で、韓国での認知度に比べ、日本で爆発的な反応を獲得している現状について本音を語った。   同日の放送でチャン・グンソクは、「韓国と日本で人気に温度差があることは知っているか」という質問に、「誰よりも私自身が一番よく分かっている」と答えた。続いて「日本で突然ブームになり、多くの人が私のところに来るようになった」とし、「一方では1等だが、もう一方ではビリか中間かもしれない。バランスを取ろうとしたら、いつも最善を尽くすほかない。逆に、日韓双方でトップスターになっていたら、一生懸命ではなかったかもしれない」と語った。   同番組は、日本でトップスターに浮上したチャン・グンソクを主人公としたドキュメンタリー。日本や中国などのアジア地域で活動している様子を密着取材し、インタビューを通じてチャン・グンソクの人間的な部分に迫ろうとしている。深夜時間帯の放送だったにもかかわらず、全国視聴率8・0%(AGBニルソンメディアリサーチ)を記録し、チャン・グンソクについての高いに関心度を証明した。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 01月 04日 11:45