[芸能] 女優チェ・ジウ、「タバコまで吸ったのに!」映画中途降板に涙

女優のチェ・ジウが、主演映画「帰天図」で中途降板した裏話を披露し、涙を見せた。   チェ・ジウは26日に放送されたSBS(ソウル放送)「ヒーリングキャンプ 嬉しいではないか」に出演し、「1996年、『帰天図』にキャスティングされたが、厄除けもして撮影も進んでいたのに途中で交代させられた」と告白した。   続いて「『演技が下手だから交代した』とか『やめろ』とかは、面と向かって言われなかった」とし、「誰も何も言ってくれないから、時間だけが過ぎた。毎日のように映画会社に顔を出し、タバコを吸う演技があると聞いて、その年齢ながらにもタバコを吸う練習もした」と打ち明けた。   チェ・ジウは、司会の「恨めしかったでしょう」という慰めの言葉に「本当に恨めしかった…」答え、しばらく言葉をつなぐことができないまま涙を流した。当時、チェ・ジウはポスター撮影にはもちろん、雑誌や新聞記事にも掲載されたが、健康上の問題で降板したことがメディアによって伝えられていた。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 01月 04日 09:50