[芸能] 女優チェ・ジウ、10年にわたる発音議論に「気分が悪かった」

女優チェ・ジウが発音をめぐる議論に対する率直な心境を明らかにし注目を集めた。   チェ・ジウは26日に放映されたSBS(ソウル放送)「ヒーリングキャンプ嬉しいではないか」で、「気持ちが急くと言葉がこんがらがったりするがそのために誤解を生じる。うまくいった作品は多かったが発音議論が10年間付いて回った」と話した。続けて、「とても(不正確な発音ばかり)浮上し時々気分が悪かった。おかしくパロディにする人たちがいる。10年だ。心を決めている」と付け加え笑いを誘った。   チェ・ジウはこれまでドラマで「シルチャンニム(室長)」を「シルタンニム」と発音するなど多くの発音議論に包まれた。チェ・ジウは、「その後の作品では音響監督に先に会う。ドラマの監督は気楽に感情にしたがってやれと言うが気を遣うほかない。それで音響監督に直接会ってお願いしている」と打ち明けた。 チェ・ジウはこの日の放送で、デビュー時代の話と無名時代のわびしかった経験、公開恋愛に対する困難などを打ち明け注目を集めた。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 12月 27日 12:09