[芸能] 歌手イ・スンギ、消費者が好きな広告モデルの1位に

歌手のイ・スンギが2年連続で最高の広告モデルの座を守った。 韓国放送広告公社(KOBACO)が22日に公開した「2011 消費者行態調査(MCR)」の結果によると、消費者が最も好きなモデルの1位はイ・スンギ(12.5%)が占めた。続いて2位には“フィギュアクイーン”のキム・ヨナ(7.2%)。イ・スンギとキム・ヨナは昨年下半期の調査でも、それぞれ1・2位に入っていた。   映画俳優のヒョンビン(6.3%)が女優のキム・テヒ(6・1%)を僅差でかわして3位に入ったのをはじめ、ウォンビン(3.5%)、IU(アイユー、2.5%)、少女時代(2.3%)、コ・ヒョンジョン(2.2%)がその後を追っている。「肝のせいだ」で始まるCMソングで人気を博したサッカー選手のチャ・ドゥリは2.2%で9位を占め、男性スポーツ選手の中で最も高い順位を記録した。10位は2・1%を獲得した映画俳優のチャン・ドンゴンだった。   イ・スンギがモデルとして活動している韓国ピザハットの関係者は「“国民の弟”と呼ばれるような親近感のあるイメージが、消費者に大きくアピールしているようだ」と説明した。   KOBACOが1999年以降、毎年行っている消費者行態調査は、消費者のメディア利用及び製品購入形態についての全国単位の調査だ。対象は全国の13歳から64歳の消費者約6000人。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 12月 22日 16:32