[芸能] ゴールデンディスク人気賞投票は残り1週間…激しい順位争い

ゴールデンディスク人気賞部門オンライン投票の締め切りが1週間後に迫った中、トップ圏の順位争いが激しくなっている。 韓国オンライン投票ではSUPER JUNIOR(スーパージュニア)が1位で独走してきたが、ガールズグループの少女時代が追い上げている。 韓国人気賞投票現況(http://goldendiskawards.asia/fan_vote)を見ると、SUPER JUNIORが52万8155票(全体の47%)で1位、少女時代が45万3851票(41%)で2位につけている。 両チーム間の票差は毎日1万票ずつ減っていて、SUPER JUNIORも安心できる状況ではない。 3位からはf(x)、FTISLAND、CNBLUE、BEAST、INFINITE、MBLAQが続き、激しい順位争いをしている。 先月28日に始まった人気賞投票には、なんと100万人以上が参加し、その熱気を実感させている。   ゴールデンディスク授賞式が開催される日本は韓国よりも乱戦様相だ。 日本投票ホームページ(http://msn-gda.com/vote/form.php?cid=jp)によると、パク・ジェボムがトップを走る中、SUPER JUNIORとf(X)が猛追撃している。 後に続く少女時代、2NE1、超新星も大逆転が可能な状況だ。   ゴールデンディスク関係者は「日本オンライン投票の反応が非常に熱い。 同時接続者が多くて一時システムがダウンしたほどだ。 やはり日本でゴールデンディスクが開かれるだけに、自分が応援する歌手に賞を受賞してほしいというファンの気持ちが反映された結果とみられる」と伝えた。   世界で投票可能なグローバル人気投票ホームページ(http://msn-gda.com/vote/form.php?cid=en)の順位争いも目を引く。 パク・ジェボム、SUPER JUNIOR、少女時代の3チームがトップ圏を形成しながら競争している。   ファンが決める人気賞受賞者は、2012年1月11、12日に日本京セラドーム大阪で開催される第26回ゴールデンディスク授賞式で会える。 人気投票は26日夜12時まで行われる。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 12月 20日 10:16