[芸能] KARAク・ハラ、居眠り演技がやけにリアルだと思ったら…

KARA(カラ)のク・ハラが撮影中に居眠りするというかわいい失敗を犯した。   チョコバーブランド「スニッカーズ」は15日、ク・ハラとハン・スンヨンが「おなかがぺこぺこなとき、私は○○する」という状況に登場したオンラインキャンペーン映像24本を公開した。   実は映像の撮影日には、笑えないビハインド・ストーリーが多かったという。ク・ハラはサッカー場のど真ん中に冷蔵庫を置いて、その中で居眠りをする演技をした。現場にいたスタッフは、彼女の演技を見て、「さすが次世代アイドルの演技者!」と賛辞を送った。ところがク・ハラは長時間にわたる撮影に疲れて本当に眠っていたという。   また、ハン・スンヨンの撃破シーンでは、スタッフのミスで小道具ではない本物の木の板を準備してしまった。ハン・スンヨンは、そうとは知らずに思いっきり殴りつけながら辛さを訴えていた。   スニッカーズのマーケティング担当者は「今回のオンラインキャンペーンは最も影響力のあるソーシャルメディアのうちのひとつ、YouTube(ユーチューブ)を通じて、消費者がこの映像を見るだけで、広告の展開に直接参加できるように企画した」と説明した。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 12月 16日 18:31