[芸能] SUPER JUNIORが韓国料理の世界化を率先

グループのSUPER JUNIOR(スーパージュニア)が、韓国料理のレシピ開発に乗り出した。   現在、韓食広報大使として活動中のSUPER JUNIORは、12日から韓食世界化公式ホームページ(http://www.hansik.org/ja/index.do)を通じて、「SUPER JUNIORとともにするグローバル韓食レシピコンテスト」を行う。今月末まで行われるこのコンテストは、農林水産食品部と韓食財団が主管しているもので、普段から韓国料理に関心がありよく食べている米国・中国・日本・ベトナム各地に住む韓国料理ファンなら誰でも参加できる。   独創性や実用性などを考慮して最終的に選ばれた5人は、来年1月に韓国に招待され、SUPER JUNIORとともに授賞式に参加することになる。   一方、SUPER JUNIORは先月29日に開かれた「2011Mnetアジアミュージックアワード(2011 Mnet Asian Music Awards、MAMA)」のアーティスト・ウェルカム・ミーティング記者会見で、メンバーの一人が「韓国料理を食べるとステージ上でも元気でいられる。昨日もメンバーのシウォンやソンミンと一緒に韓国料理の店に行ってきた」と明かし、外信メディアの視線を集めていた。農林水産食料品部の郭範国(クァク・ボムクク)局長は、「外国人が直接開発した韓国料理のレシピを通じ、新しい韓食世界化の可能性を発見できたらと期待している」と伝えた。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 12月 12日 15:09