[芸能] シム・ヒョンレ監督、各種疑惑に対する心情を吐露

賃金未払い、銃器改造、横領、賭博、さらに性ロビーまで。最近映画監督シム・ヒョンレからあふれ出た各種疑惑だ。このような議論の中心で沈黙してきたシム氏をJTBCが単独インタビューしたと2日に報道した。   シム監督はJTBCとのインタビューで、「最初はなぜ芸能人が自殺するのか理解できなかった。ところが実際に私がそういう状況になったらうつ病のようなものがきた」と話した。合わせて「今後これ以上こうした状況がくれば本当にその時は生きていけないだろう」と話した。   シム氏はコメディアン「ヨング」から映画監督に転身してハリウッドにまで進出し成功街道を走ってきた。だが、最近賃金未払いの事実が明らかになり一瞬にして失敗した経営者に墜落した。   シム氏はこの日ソウル南部地方裁判所で開かれた公判でも、「賃金を未払いにしたことは認める。いま自宅も競売に出ている。競売が済めばそこからスタッフらの給料と退職金は最大限早期に払うようにする」として過ちを認めた。   また、シム氏は最近銃器を改造して投資家を脅したという疑惑については、「それで投資家がおとなしくしているだろうか」として否認した。400人の女性リストを持って政界に性ロビーをしたという主張に対しても「私が誰にロビーをするのか。映画を作る人が」と否認した。   最近ある放送会社で自身の部下が「酒は好きではないのに女は好む」と暴露したことに対しても、「それでは男が好きでなければならないのか」と憤慨した。このような各種疑惑に対するシム氏の心情吐露はJTBCの日曜夜の番組「探査コードJ」を通じて見ることができる。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 12月 05日 10:43