[芸能] 暫定引退中のカン・ホドンが3カ月ぶりに生放送に出演

「暫定引退」を宣言したカン・ホドンが約3カ月ぶりにテレビに生放送出演した。   2日に開局したモバイル放送のソンバダクテレビではMBCアナウンサーのチェ・イルグとトニー・アン、パク・ミョンスらが出演し4時間にわたり生放送を行った。   この日MBCのイ・サンホン記者は最近の時事関連ニュースを伝えた。この時、彼のスマートフォンにカン・ホドンから電話がかかってきた。スマートフォンを活用し放送を進行したイ・サンホは思わず電話を受け、カン・ホドンとの短い対話の場面がそのまま電波に乗った。   イ・サンホは、「いま放送中だが事前に話をしていなかった」と話した。カン・ホドンは「はい?」と反応した後、「後でまた電話します」とあわてて電話を切った。イ・サンホは、「いまカン・ホドンを応援する声が多い。後でソンバダクテレビに出演してほしい」と要請したが電話はすでに切れていた。   ネットユーザーらは各種ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)と掲示板を通じ、「カン・ホドンはモバイル放送で復帰するのではないか?」「3カ月ぶりに聞いた声が惜しまれる」「カン・ホドンがなぜ記者に電話したのだろうか」などの反応を見せた。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 12月 05日 10:34