[芸能] イ・スンギが衝撃告白…「歌手を辞めて逃げ出してしまいたかった」

世代を超えて人気を誇っている歌手のイ・スンギが、「逃げてしまいたかった」と話してその悩みを打ち明けた。   イ・スンギは最近放送されたMnet「マイク(MIC)」に出演し、2006年にリリースされたセカンドアルバム「Crazy For U」について説明した。   彼は「私の絶望と悲しみが一番よく表れているアルバムだ。『うまくできるだろうか』という極度の緊張と満ち足りなさがあったアルバムだと思う」とし「ファーストアルバムからセカンドアルバムへと変遷していくなかで、人間イ・スンギとしての悩みが一番多かった時期」と同時を振り返った。   続いて「自分は芸能人をしてはいけないのだろうか? 歌手を辞めなければいけないだろうか? 自分には合わないのだろうか? などの悩みに取り付かれ、逃げ出したい気持ちだった。セカンドアルバムのときも歌が下手だというお叱りをたくさん受けた」と伝えた。   イ・スンギは10月に発売された5枚目のアルバムで人気を博している。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 12月 01日 19:16