[芸能] WonderGirlsソネが衝撃告白!「薬を飲んで自殺しようとした」

WonderGirls(ワンダーガールズ)のメンバー、ソネが自殺しようとした事情を打ち明け、衝撃を与えている。   ソネは29日に放送されたSBS(ソウル放送)のバラエティートーク番組「強心臓」に出演し、「小学生のとき、SBS『パク・ジニョンの英才教育プロジェクト』を通じてJYPエンターテインメントの練習生生活を送ることになった」と話を切り出した。   彼女は「その時期に父の健康状態が悪くなり、私は異なる環境に適応できないまま思春期がやってきた。長い練習生生活で未来に対する不安を感じるようになった。学校で行われた歌謡祭に参加し、自分の実力を試してみようと思った」とし「ホイットニー・ヒューストンの『Greatest Love Of All』を選んだ」と語った。   続いて「でも緊張したせいか、病気になった。友人たちは期待をしてくれたが、歌を台無しにしてしまった。そのまますぐに家に帰って泣いていたところ、瞬間的に自分が分からなくなり自殺衝動に駆られた」と話し、出演者を驚かせた。   ソネは「手当たり次第に薬箱に入っていた薬一握りを口に入れたら、とめどなく涙が出てきた」とはなし、「そのままレッスン室に向かい、ピアノを弾いて歌っているうちに自信を取り戻した。その後、病院に行ったが、医者が驚くほどなんともなかった」と説明した。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 11月 30日 16:33