[芸能] 歌手イ・ヒョリが熱愛説を認める!お相手はキム・ドンリュルではなく友人

男女デュオのRoller Coaster(ローラーコースター)のメンバー、イ・サンスンとの熱愛説に包まれている歌手のイ・ヒョリが「友だち以上の感情であることは確か。でも熱愛という段階ではない」と慎重な立場を示した。   イ・ヒョリの所属事務所の代表は、「一緒にボランティア活動を行う中で、音楽の話をする機会が多く、自然に親しくなっていったことは知っている」とし「気の置けない仲であるが、まだ公式の恋人という段階ではないように思う」と明かした。続いて「イ・ヒョリも熱愛説についてそれほど驚いてはいない。好ましく思う気持ちを淡々とした様子で認めている」とし「共通点が多いだけに、よく分かり合えるのだと思う」と付け加えた。98年にFin.K.L(フィンクル)のメンバーとしてデビュー後、イ・ヒョリが男性との熱愛説を認めたのは今回が初めてだ。   イ・ヒョリとイ・サンスンは、歌手キム・ドンリュルらの知人が一緒に集まる場で出会い、自然に親しくなっていった。以後、動物保護市民団体「KARA」の会員として、ともにボランティア活動をしながら喜怒哀楽を共にし、互いに好感を感じるようになった。   一方イ・サンスンはRoller Coasterのメンバーとして多くの音楽ファンから人気が高い。偶然にも、以前イ・ヒョリと結婚説が出ていたキム・ドンリュルとはデュオ“Verandah Project(ベランダ・プロジェクト)”としてアルバムをリリースしていた。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 11月 28日 15:36