[芸能] チェコのミュージカル「ハムレット」、韓国バージョンで日本に輸出…“快挙”

ミュージカル「ハムレット」が韓国版として日本に進出する。   ミュージカル「ハムレット」公演の制作会社EMKミュージカルカンパニーは23日、日本のエンターテインメント企業である東宝とライセンス契約を結び、来年2月にミュージカル「ハムレット」を東京銀座にある劇場「シアタークリエ」で上演することが決まったと発表した。韓国の舞台で使われた衣装デザインや舞台演出、振り付けがそのまま東京でも見られるのだ。 同作はシェイクスピアの悲劇を原作にして、チェコで1999年に初演された大劇場ミュージカル。その後、EMKミュージカルカンパニーが韓国語バージョンとして化粧直しし、2007年に韓国の舞台で初めて披露した。   EMKミュージカルカンパニーの関係者は「今回、『ハムレット』が日本に輸出されたことは、原作よりも優れた公演を制作したという実力が認められたケース」と伝えた。 東京公演は2012年2月1日から22日まで行われ、日本の看板級演出家の栗山民也が演出を手がけ、ミュージカルスターの井上芳雄が主人公のハムレットを演じる。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 11月 25日 16:41