[芸能] 韓国の集団見合い番組で日本人男性が登場…「秋山成勲のスパーリングパートナーだった」

韓国のSBS(ソウル放送)の集団見合い番組「チャク(=相棒)」に、日本の国籍を持つ男性1号が登場した。 11月16日に放送された同番組では、5000万ウォン(約340万円)をかけて整形した男性から、特異な恋愛観を持つ男性、初恋を忘れられない泣き虫までもが出演し、これまでに類を見ないほどの強烈な個性を持つ16期のメンバーによるパートナー探しの物語が放送された。 この中で、日本人の国籍を持つ“男性1号”が登場し、話題をさらった。 男性1号は「韓国人女性と結婚したくてこの番組に出演した」と話した。続いて「父親が韓国人、母親は日本人だ」と自身の両親を紹介した。 特に、日本ではプロの異種格闘技選手として、秋山成勲(=秋成勲)選手のスパーリングパートナーを務めていたと明かし耳目を集めた。しかし“男性1号”は「殴られるのは痛いが生計を立てるために格闘技をし、生きるために辞めた」と異種格闘技を辞めた背景を説明した。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 11月 18日 02:30