[芸能] 歌手パク・ジョンヒョン、米国での人種差別を告白

歌手パク・ジョンヒョンが人種差別を受けた経験を語った。 パク・ジョンヒョンは15日に放送されたKBS(韓国放送公社)第2テレビのトーク番組「乗勝長駆」に出演し、「昔は自分の顔が嫌だった」と話した。 パク・ジョンヒョンは「米国で育ち、目をからかわれることがよくあった。 外国人は大きな二重まぶたの目が多かった」とし「学校でもおとなしかった。 友人とも仲良く付き合えず人見知りした」と伝えた。 続いて「当時、韓国の存在感も小さく、よくかわかわれた。 私が通った学校には東洋人が3人いたが、ひどくいじめられた」とし「私の目を両側に引っ張ったり、唾を吐いたりした。 人種差別が残忍だった」と当時を振り返った。 また「学校では一日中、一言も話せなかった。 先生の質問に答える時だけ口を開いた」と語った。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 11月 17日 04:45