[芸能] 2PMのニックン、AKB48メンバーと日本映画に出演

2PMのニックンが日本映画に出演する。 JYPエンターテインメントは、「ニックンが日本で俳優としての可能性を認められ、最近『桜蘭高校ホスト部』という映画に端役で出演した」と明らかにした。 「桜蘭高校ホスト部」は日本最高の富裕層の子女が通う名門校の桜蘭高校の「ホスト部」というサークルの話を描いた作品で、2006年にはテレビアニメで、今年はドラマで放映された。 ニックンが務めたローレンスはシンガポールにあるアジア有名大企業の社長で、AKB48の篠田麻里子が務めるローレンスの妹のミシェルとともに原作漫画とテレビアニメにはいない人物だ。 JYPエンターテインメントは、「アニメと違い映画的な面白味を加えローレンスとミシェルのキャラクターが追加された。ローレンスは製作会社から英語と日本語を同時に駆使でき、堂々としていながらソフトな雰囲気を持った役だと聞いた」と話した。ニックンは先月日本で映画撮影を終え来年上半期に公開される予定だ。 ニックンは2PMのアジアツアー中で、17日にシンガポールでのコンサートのため出国を控えている。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 11月 16日 02:35