[芸能] 映画「きみはペット」、男性連帯による上映禁止仮処分申請が棄却

男性連帯が2日に映画「きみはペット」の上映差し止めを求め裁判所に出した上映禁止仮処分申請が棄却された。 ソウル中央地裁が、男性連帯が映画配給会社のロッテショッピング(ロッテエンターテインメント)を相手取り出していた上映禁止仮処分申請を9日に棄却していた事実が13日に確認された。 男性連帯は、「『きみはペット』で女性が『ご主人様』、男性が『犬』として出ており主人とペットの関係を描写するが、面白さのために誰かの人格が冒とくされてはいけない」と主張したが受け入れられなかった。 ロッテ側は、「裁判所の決定は男性連帯の主張に全く説得力がなかったことを示すものであり、映画を見た人ならば共感するほどの判決」と話した。 キム・ハヌルとチャン・グンソクが主演した映画「君はペット」は、独身女性と年下の男の同居の話を扱ったロマンチックコメディで、10日から公開されている。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 11月 14日 19:11