[芸能] シム・ヒョンレが検察出頭 賃金未払い容疑を認める

株式会社ヨングアート代表のコメディアン兼映画監督のシム・ヒョンレ(53、写真)が約8億5000万ウォン(約5500万円)の職員賃金未払い容疑(勤労基準法違反)で11日、検察に出頭し、調査を受けた。 シム・ヒョンレはこの日、「3年間、職員43人の賃金・退職金を支払わなかった事実がある」と認めたという。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 11月 14日 18:56