[芸能] 歌手キム・ヒョンジュン、日本で少女時代・KARAと同じ事務所に

歌手のキム・ヒョンジュンが日本のユニバーサルミュージックと手を携える。 10日、所属事務所のキーイースト側は「キム・ヒョンジュンがユニバーサルミュージックと契約し、今後プロモーションや公演など、日本での音盤活動について全般的に支援を受けることになった」と明かした。 キム・ヒョンジュンは、日本全国ツアーの初日である今月9日に大阪で開いた記者会見で、ユニバーサルミュージックとの契約の事実を発表した。彼はことし7月、日本での最初のショーケースを成功させ、日本の大型レコード会社からラブコールを受け続けてきた。 キム・ヒョンジュンと契約を結んだユニバーサルミュージックは、少女時代やKARA(カラ)、BEAST(ビースト)、4Minute(フォーミニッツ)、超新星ら韓国アイドルの音源を紹介・制作している日本最大のレコード会社だ。 ユニバーサルミュージック側は「現在、日本で活動している韓流アイドルグループとは差別化されたオリジナルの魅力がキム・ヒョンジュンにはあり、ソロ活動でも十分成功すると確信している」と契約の理由を明かした。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 11月 11日 02:47