[芸能] T−ARAが18日に韓国でカムバック…ユニセックスなカリスマ発散

ガールズグループのT−ARA(ティアラ)が、当初の日程よりも一週間早めて韓国に電撃カムバックすることになった。 7日、所属事務所のコアコンテンツメディア側は「T−ARAは25日にカムバックを予定していたが、18日に新曲『Cry Cry』のステージを披露してカムバックする」と明らかにした。 同曲とともに公開が決まっていた「Lovey−Dovey」は、「Cry Cry」とは180度印象の違う音楽ということで、大衆に混乱を与えないか懸念されたため、最終的に1カ月後に公開されることが決まった。 T−ARAは「Cry Cry」のステージを通じて、カリスマのあるユニセックスな魅力を披露する予定だ。プロモーションビデオのティーザー映像やジャケットイメージ写真が先行公開され、早くもファンの話題をさらっている。なかでもチャ・ウンテク監督がメガホンをとったプロモーションビデオは、チャ・スンウォンやチ・チャンウクらが熱演を見せていることから注目されている。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 11月 09日 00:58