[芸能] ヒョンビン所属事務所、海兵隊に「日本出版・広報利用の自制」要請

海兵隊に服務中のヒョンビンが防衛産業輸出広報のためにインドネシアを訪問するなど、絶えず軍関連行事に動員されていることに対し、所属事務所側が最近、異例にも海兵隊に協調公文を送った。 ヒョンビンの所属事務所AMエンターテイメント側は、ヒョンビンの写真を含む軍広報用の冊子が日本で出版されることに関し、自制を要請する公文を発送した、と明らかにした。 所属事務所側は「広報兵でないヒョンビンが軍関連広報行事に頻繁に動員されている」とし「特に出版業務に関してヒョンビンの写真を活用することなどについて議論するため公文を発送した」と明らかにした。 ヒョンビンは先月初め、韓国軍とインドネシアの防衛産業取引に関連して国軍イメージ向上レベルでインドネシアを公式訪問したほか、それ以前にも第3回「ソウル収復記念海兵隊マラソン大会」「第22回海兵隊軍楽隊定期演奏会」の司会者を務めた。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 11月 08日 03:08