[芸能] JYJ、スペインに続きドイツの単独公演も大成功!

“韓流アイドル”JYJが、スペインに続いてドイツでもK−POPを歌い上げた。 JYJは6日午後9時、ドイツ・ベルリンに位置するテンポドローム会場で3000人余りのファンの前で単独コンサートを成功させた。ドイツの現地ファン以外にも、フィンランドやスウェーデンなどの北欧やポーランド・ロシアなどの東欧から集まったファンは、2時間に渡って行われたコンサートの間中、正確な韓国語の発音で彼らの歌を一緒に歌い、関係者を驚かせた。 JYJは2時間の公演中、ヒット曲15曲を披露した。ワールドワイドアルバムのタイトル曲「Empty」で公演の砲門を開いた後、「Ayyy Girl」「In Heaven」「Get out」などを連続で歌い、雰囲気をリードした。爆発的な歌唱力はもちろんのこと、パワフルな振り付け動作で欧州ファンに感動を与えた。 JYJは「本当に来たかったドイツに、ついに来て皆さんに会えて幸せ。ドイツの音楽は本当に素晴らしく、コンサートもよかったと思う。皆さんに感謝のエネルギーをもらった。来年は一層跳躍したJYJになりたい」と感想を語った。 所属事務所の関係者によると、ベルリン現地の反応は熱かったという。10月、チケットの販売と同時にサーバがダウンし、当日のチケット完売を記録するなど期待感が高まっていた。また、公演開始4時間前から集まり始めたファンの列が公演会場を取り巻く珍風景も見られた。公演の主催者側は「前の座席を取ろうとファンがテントで野宿していた。ドイツではポップ歌手にあまり熱狂しないが、JYJの公演は異例」と伝えた。 所属事務所の代表は「まだ欧州はK−POPブームの勢いが弱い。世界的な認知度があるJYJだからこそ小規模でも単独公演できたと考えている。欧州ファンの情熱と声援に感謝し、来年のワールドツアーには必ずまた公演を行いたい」と話した。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 11月 07日 23:13