[芸能] 歌手シン・ドンウク「自殺を図って数日後に目覚めた」

元Goofyのメンバーのシン・ドンウクが自殺を図ったという衝撃的な事実を明らかにした。 シン・ドンウクは最近行われたSBS(ソウル放送)プラスの「カムバックショートップ10」の録画で、「悪い行動だったが、命を絶とうと試みたことがあった」と伝えた。 シン・ドンウクは「数日後に目覚めた時は生きていることが信じられなかった」とし「生き返った自分の人生を今度はきちんと設計してみたい」と語った。 またターボのキム・ジョンナムは「時間が経過するにつれて、自分の人生は自分一人だけのものではなくなった」とし「今回のプログラムを通して家族に誇らしい姿を見せたい」と涙声で話した。 カムバックショートップ10」の製作スタッフは「私たちの目的は誰かを落とすことではない。 みんな一緒に行くことが目的だ。 みんなが再起するだろう。 1チームも落とせない。 歌手のカムバック成功のためにできる限りのことをする」と説明した。 「カムバックショートップ10」は16日深夜12時から放送が始まる。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 11月 02日 02:30