[芸能] イ・スンギが2年ぶりに歌手に復帰、アルバム5集を発売

歌手イ・スンギの5集がベールを脱いだ。 イ・スンギは26日午後、ソウル・聖水洞(ソンスドン)の物流倉庫で正規5集アルバム「トゥナイト」の発売記念ショーケースを開いた。黒いジャケットに白いワイシャツを着て登場したイ・スンギはタイトル曲「友達じゃないか」をはじめ「トゥナイト」など2曲を熱唱した。 イ・スンギは「アルバム5集が2年ぶりにリリースされた。発展した姿を見せるためにこの場を用意した。とても震える」と話した。イ・スンギが初めて歌った曲はヒットメーカーのパン・シヒョクが作詞・作曲した「友達じゃないか」。なぜイ・スンギが“バラードの皇太子”なのかを証明する曲だった。バラード本来のスタイルに忠実ながらもロックビートを加味し音楽的に成熟した姿を見せた。2曲目の「トゥナイト」を歌う時はリズムに乗りながら体を揺さぶる余裕も見えた イ・スンギは、「この曲はこれまでに聴かせたイ・スンギの音楽と大きく違う。本来の私のイメージが優しい模範生ならば、この曲は20〜30代の率直でちょっとはっきりしない男の気持ちを込めた曲」と述べた。 イ・スンギは、「これまで芸能番組をやるため歌手イ・スンギの姿を見せることができず申し訳ない気持ちだった。今回のアルバムを作りながらイ・ソンヒ先生と発声からまた練習するなど多くの努力を傾けた」と明らかにした。 イ・スンギは27日に約2年ぶりのアルバム「トゥナイト」を発売する。タイトル曲「友達じゃないか」はヒットメーカーのパン・シヒョクが作詞・作曲した曲で、イ・スンギ特有の感性がよく生かされている。イ・スンギは最近アルバム発売前に先行公開した「恋愛時代」ですでに各種音楽サイトを席巻し変わらぬ人気を証明した。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 10月 27日 23:02