[芸能] 女優キム・テヒ主演の日本ドラマ、好調なスタート

女優のキム・テヒが初主演した日本のドラマが順調なスタートを切った。 キム・テヒ主演の「僕とスターの99日」‎が23日にフジテレビを通じて初放映され、視聴率10.2%(日本ビデオリサーチ調べ)を記録した。 フジテレビはこれまで弱かった時間帯の日曜午後9時台に久しぶりに2けたの視聴率を上げたことに非常に鼓舞された。さらに裏番組のTBSのドラマ「南極大陸」との正面対決で得た成績であることから満足感を示している。「南極大陸」は日本のトップスター木村拓哉が主人公を務める作品で強力なライバルとみられていた。 「僕とスターの99日」はタイトル通り日本に進出した韓流女優(キム・テヒ)とそのボディーガード(西島秀俊)とのどたばたを描いている。ドラマ撮影のため日本に渡っていったキム・テヒは日本の事務所が用意した団体宿舎に滞在し、本物のハン・ユナ(キム・テヒの役名)のような生活をしている。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 10月 25日 20:38