[芸能] ムン・グニョンが近況公開「ニューヨークで怖くてさびしいことが多かった」

女優のムン・グニョンがニューヨークでファン向けに近況を知らせた。 ムン・グニョンは21日、自身のミニホームページに「私を見たがるあなたたちのために自分撮りをしてみた」とつづった。 ムン・グニョンは、「この1カ月間はとても孤独で恐くて難しいことが多かったが、やはり人は本能的に環境に適応するようだ。いまは恐ろしいこともなくとても良く過ごしている。英語恐怖症もだいぶ消えた。相変らず孤独で懐かしいものが本当に多く会いたい人も多いがそれさえも適応していくようだ」と伝えた。 続けて、「期待して来ただけにあるいは望んで来ただけに、目に見えるようにあるいは手に取るように習っているのかよくわからないが、一方ではそこまで考えることができないことで期待以上に習っているようであり、もう残り1カ月なのが残念になったりもする。健康に無事に楽しく過ごして帰る。あなたたちが誇れる俳優になれるよう、恥ずかしくない人になれるよう、最善を尽くして楽しんでいきたい」と話した。 ネットユーザーらは、「元気に過ごすとは幸いだ」「本人よりファンを先に考える真の天使だ」などの反応を見せた。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 10月 24日 18:56