[芸能] 歌手キム・ジャンフン、パニック障害再発で入院「すべての予定を中断」

歌手のキム・ジャンフンがパニック障害の再発で入院した。 キム・ジャンフンのマネージャーは、「最近、音盤活動を行う中でストレスを受け、パニック障害が深刻化した。過度なストレスでひどい睡眠障害に苦しんでいたが、17日午後から状態が悪化し、全スケジュールをキャンセルして入院した」と伝えた。 続いて「どのくらい治療を受けるべきかはまだ分かっていない。当分の間、すべてのスケジュールを中断して治療に専念する」と説明した。キム・ジャンフンは18日深夜、ソウル竜山区東部二村洞(ヨンサング・トンブイチョンドン)の病院に入院し、現在は治療を受けている。 キム・ジャンフンはSUPER JUNIOR(スーパージュニア)のキム・ヒチョルとデュエットした「別れ、本当に僕らしい」を発表し、活動中だった。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 10月 18日 20:57