[芸能] <大鐘賞映画祭>キム・ハヌルの主演女優賞受賞にチャン・グンソクがサプライズ登場

キム・ハヌルが大鐘賞主演女優賞を受賞した。キム・ハヌルは17日、ソウル光化門(クァンファンムン)世宗(セジョン)文化会館で行われた「第48回大鐘賞映画祭」授賞式で、「ブラインド」で主演女優賞を受賞した。 キム・ハヌルは当初、涙があふれて話せなかったが、心を落ち着かせた後、「演技を始めた頃はあまりにも大変で難しく、いつもやめようと思っていた。しかし時間が経つにつれて、自分という人間を見つけていける素晴らしい仕事が演技だと考えるようになり、この仕事を愛するようになった」とし「特に『ブラインド』は苦労した作品だった。良い作品をさせてくださった皆さんに感謝している」と所感を語った。 この日の舞台にはキム・ハヌルと一緒に映画「きみはペット」を撮影しているチャン・グンソクも登場し、注目を集めた。 キム・ハヌルは「ブラインド」で視覚障害者の演技に挑戦し、好評を受けた。全国で観客280万人を動員し、演技力も注目された。 主演女優賞候補には「世界で一番美しい別れ」のペ・ジョンオク、「2階の悪党」に出演したキム・ヘス、「くだらないロマンス」のチェ・ガンヒ、「あなたを愛しています」のユン・ソジョンが挙がっていた。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 10月 18日 19:24