[芸能] 女優ナム・サンミ、現代版“キャンディ”のドラマ「光と影」のヒロインに

女優のナム・サンミが“国民キャンディ”に挑戦する。 ナム・サンミはMBC(文化放送)の特別企画ドラマ「光と影」で、銀幕の女王になるまで波乱万丈の人生を送ったヒロイン、イ・ジョンへ役を演じる。イ・ジョンへは漫画「キャンディ・キャンディ」の主人公、キャンディを連想させるような人物で、不遇な人生にも希望を捨てないで夢に向かってひたむきに進んでいく。カン・ギテ(アン・ジェウク扮)とチャ・スヒョク(イ・ピルモ扮)から同時に愛され、三角関係を形成していく予定だ。 ナム・サンミは「素晴らしいスタッフと今回のドラマに出演できて光栄。ドラマの中で、ジョンへが周りの人からかわいがられる人物ということで、私自身も視聴者の皆さんから愛してもらえるように演じたい」と抱負を語った。 同作は1960年代、ショー公演団に身を寄せ、エンターテイナーの人生を生きることになったある男の人生を通じて韓国の現代史を振り返る作品。「階伯」の後続ドラマとして、11月から放送予定。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 10月 14日 03:23