[芸能] リュ・シウォン、誕生日に行った移籍後初のアルバム発売イベント!

俳優のリュ・シウォンが日本でのアルバム発売イベントを成功させた。 7日、所属事務所のアルスカンパニーは「リュ・シウォンが今月6日、神奈川県で開かれた8枚目のアルバム『どんな時も』の発売イベントで3000人のファンと対面し、意味のある時間を過ごした」と伝えた。 今回のイベントは、日本のレコード会社エイベックスに移籍後、初めてリリースするアルバムにあわせ行われたもので、リュ・シウォンの誕生日に開かれ、一層、意味深い時間となった。 リュ・シウォンはこの日、12枚目のシングルアルバムのタイトル曲「願い星」と、今回のアルバムのタイトル曲「どんな時も」をライブで熱唱し、ファンから熱い歓呼を浴びていた。また彼の39歳の誕生日を迎え、現場で抽選された39人のファンと抱擁するハグイベントも行われた。 リュ・シウォンは「今回のアルバム『どんな時も』は、韓国語で『オンジェラド(どんなときも)』という意味で、日本デビュー前から応援してくれたファンとの縁をコンセプトに作ったアルバム。いつも支持してくれているファンに感謝しています」とファンを思うコメントを伝えた。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 10月 08日 02:54