[芸能] “デビュー後の初キスシーン”チャン・グンソクが裏話を公開

俳優のチャン・グンソクが、女優キム・ハヌルとのキスシーンについての裏話を公開した。 チャン・グンソクは4日午前11日、ソウルロッテシネマ・ピカデリーで行われた映画「きみはペット」(監督キム・ビョングン、制作プロダクションルーデンス)の制作報告会で、“作品の中のキスシーン”について「俳優人生19年にして、初めて濃厚なキスシーンをした」と明かした。 チャン・グンソクは続いて「初めてにしてはレベルが弱かったが、(キム・ハヌルが)本人の私利私欲を満たすために濃厚キスシーンを監督にお願いしたようだ。キッチリ学ばせてもらった」と話し、爆笑を誘っていた。 これについてキム・ハヌルは「あきれた。チャン・グンソクさんはこういう場面をあまり撮ったことがないんだと思う。私はたくさん撮ってきたから」と話し、「私、今なんて言ったのかしら?これは収拾不可能だわ」と、慌てる様子を見せて笑いを誘った。 チャン・グンソク、キム・ハヌル、チェ・ジョンフン、チョン・ハウンらが出演する「きみはペット」は、11月に公開予定だ。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 10月 07日 04:20