[芸能] 歌手シン・ヘソン、日本初シングルをリリース…清木場俊介とデュエット

歌手のシン・ヘソンが5日、日本初シングル「I Believe」を発表した。 このシングルは、日本を代表する男性グループのEXILEの元メンバーで、日本を代表するボーカリストの清木場俊介も参加しているということで、リリース前から多くの話題を振りまき、関心を集めてきた。清木場俊介はデュエットとして参加しているだけなく、歌詞も自ら手がけている。シン・ヘソンの所属事務所、ライブワークスカンパニーは「『I Believe』は魅力的で幻想的な2人のボーカルが絶妙に融合し、繰り返し部分が印象的なバラード曲」と伝えた。 シングルにはさらにもう1曲、「永遠に…」も収録されている。今回のシングルアルバムは、CDとともにDVDやボーナス映像が封入され、限定版の初回盤と一般の通常盤の2バージョンが発売されている。 日本最大の有線放送局USENでは、今週の注目曲として同曲が選ばれ、日本テレビ「PON!」やくまもと県民テレビ「サタデココ」など、日本の各番組のテーマ曲としても使われ発売前から期待を集めていた。 シン・ヘソンは今後、東京・名古屋・大阪・福岡など4都市で、日本初のシングルアルバム発売を記念した握手会を開く予定だ。今月16日には東京ドームシティホールでコンサート「SHIN HYE SUNG 2011 JAPAN TOUR − THE ROAD NOT TAKEN ACT ?」を開催する。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 10月 06日 01:46