[芸能] JYJの新曲「ピエロ」 KBS非適格判断に不満表示

JYJ側が新曲「ピエロ」に対するKBS(韓国放送公社)の「放送非適格」判定に不満を表した。 JYJの関係者は29日、「全く予想できなかった審議結果が出た。釈明書を提出し、再審議を要請する計画」と明らかにした。 KBSは28日午後、ホームページに歌謡審議結果を掲載し、JYJのアルバム収録曲「ピエロ」「ミッション」に対して「放送非適格」判定を出した。 KBSは「ピエロ」の歌詞について「個人を人身攻撃している」と説明した。「まともにP.S.M」が特定人物を意味し、歌詞に個人的な恨みを込めているということだ。 JYJの関係者は「歌詞の内容を任意的に解釈し、その内容が事実であるかのように非適格判定を出したのは不当。該当歌詞が使われた背景を説明し、釈明書を提出して再審議を要請する」と述べた。 JYJメンバーのキム・ジェジュンもツイッターにKBSの決定を遠まわしに非難するコメントを載せた。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 09月 30日 20:49