[芸能] チャン・グンソク、過密スケジュールにマネージャーも心配

このところ内外で高まる人気を実感しているチャン・グンソクのマネージャーが率直な胸の内を吐露した。 チャン・グンソクのマネージャーは、「年末はもちろん来年初めまでドラマ・映画・CF・コンサートなどのスケジュールがぎっしり詰まっている。事実チャン・グンソクにはまだ知らせていないスケジュールもある。これを知ればとても多くてもしかして逃げないだろうかと心配になるほど」と話した。 チャン・グンソクは最近ペ・ヨンジュン以後最高の新韓流スターとして脚光を浴びている。今年の予想収益は400億ウォンを超えるとみられ、すでに日本ではCF出演料が1億円を上回りペ・ヨンジュンやイ・ビョンホンを上回ると推定されている。 現在確定されたスケジュールだけ見ても口を開けてしまう状況だ。最近まで中国とアジアツアーコンサートを開く合間に映画「君はペット」を撮影した。続いて24日からはユン・ソクホPDのドラマ「愛の雨」の撮影を始めた。来年上半期の放映予定で「第2の冬のソナタ」を連想させる作品だ。 この間に日本でアリーナツアーも行う。10月に3都市で5回、11月に東京ドームで公演する。年末にはNHK「紅白歌合戦」出演の可能性も提起されている。 チャン・グンソクのマネージャーは、「チャン・グンソクがとても楽天的な性格なのでよく耐えているが、実際にスケジュールを見れば意欲が出ないのは事実。ファンの人気を受けていることは幸せだが、マネージャーの立場からは様々な面で心配だ」と話した。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 09月 29日 19:57