[芸能] 女優イ・ジア、やつれた顔で新ドラマの台本読み合わせに出席

女優イ・ジアが5カ月ぶりにやつれた姿で現れた。 イ・ジアは26日午後、一山(イルサン)のMBCドリームセンターで行われた新ドラマ「私も花!」の台本読み合わせに参加した。イ・ジアが公の席に姿を見せたのは4月に歌手のソテジとの離婚事実が明らかになってから初めて。黒いスキニージーンズに水色のシャツを着たカジュアルな姿で黒縁のめがねと帽子で最大限顔を隠していた。 台本読み合わせが始まる直前に到着したイ・ジアは取材陣を意識したようにすぐに6階会議室に上がった。その後3時間にわたり行われた練習時間中は一度も部屋から外に出てこなかった。この日の読み合わせにはイ・ジアをはじめ男性主人公のキム・ジェウォンとハン・ゴウン、チョ・ミンギ、イム・ハリョンら主演・助演のほとんどが参加した。 所属事務所関係者は、「一時体重が7キロ減るほど精神的につらい思いをした。だが、ドラマ出演を決めてから本来の体調を回復しているところだ。とても大きな関心が負担になるが良い演技で恩返ししたい」と明らかにした。 「私も花!」はイ・ジアの復帰作という事実だけで熱い関心を集めている。ドラマでイ・ジアは身分をだましてブランドショップの駐車スタッフとして働く財閥CEOのソ・ジェヒ役のキム・ジェウォンと愛に落ちるチャ・ボンソンを演じる。「負けてたまるか」の後続として11月から放映予定だ。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 09月 27日 19:01