[芸能] 「愛の雨」ユナ−チャン・グンソク、和やかな雰囲気の初台本合わせ

韓流スターのチャン・グンソクとユナが出演するドラマ「愛の雨」の初台本合わせは、和やかな顔合わせの場となった。 最近行われた初の台本合わせでは、ユン・ソクホ監督と脚本家のオ・スヨン氏をはじめ、チャン・グンソク、ユナ、キム・シフ、ソ・イングクら全員が出席した。 チャン・グンソクは、ドラマの中で、70年代の純愛の情緒を残す多情多感な美術学生ソ・インハと、現代の自由奔放なフォトグラファーのソジュン(ソ・インハの息子)の一人二役を演じる。彼は「初めて台本を見たときに涙が止まらなかった。2人の人物の感情をしっかりと表現して、私が感じた感動と、このドラマが真に伝えたいメッセージをきちんと伝えたい気持ちに駆られた」とし、「私が未経験の部分については、監督と脚本家の方が助けてくださると信じている」と語った。また「本来、全身から雰囲気を漂わせている役だが、ベールに包まれたように抑えようとしたので、とにかくくすぐったかった」と冗談を言う場面もあった。 ユナは、70年代のはにかむ笑顔がかわいらしい清楚な女学生キム・ユンヒと、ポジティブなオーラを持つ明るく朗らかな少女ユリという、相反する2役を演じる。ユナは「相反する魅力を持つ2人の人物を演じなくてはならないのでプレッシャーも大きい。しかし監督や脚本家、共演者の皆さんと呼吸を合わせてみて、心強い気持ちになった」とし「ひとつひとつ学ぶ気持ちで最善を尽くしたい」と覚悟を語った。 同日、台本合わせ終了後、参加者全員が夕食をともにして団らんの場を持った。「愛の雨」は9月末から撮影に入り、2012年上半期に放映される。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 09月 26日 18:51