[芸能] 歌手のIVYが専属契約無効訴訟で勝訴

歌手のIVY(アイビー)が所属事務所を相手取り起こしていた専属契約無効訴訟で勝訴した。 ソウル中央地裁は21日、IVYが所属事務所のストムE&Fを相手取り起こした債務不存在確認訴訟で原告勝訴の判決を下したと明らかにした。 昨年6月に専属契約解除を通知し訴訟を提起したIVYは所属事務所の不当な処遇を主張していた。今年1月の訴状では、「2009年8月にストムE&Fと3年間の専属契約をしたが、しっかりとしたマネジメントが支援されず、アルバム3集の活動過程で発生した収益金を精算しないなど、所属事務所は契約をまともに履行しなかった」と訴訟理由を明らかにした。 IVYは2007年に元交際相手による動画脅迫事件で当時の所属事務所との不和が生じ、その後にストムE&Fと契約を結び2009年10月に3集アルバムで復帰した。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 09月 23日 00:45