[芸能] 女優カン・ソンヨン、来年初めに同い年のジャズピアニストと結婚

女優カン・ソンヨン(35)が夫婦の契りを交わす。 15日、所属事務所のサイダスHQは「カン・ソンヨンが同い年のジャズピアニストのキム・ガオンと、来年1月7日にソウル大で結婚式を挙げる」と明かした。2人の出会いは、カン・ソンヨンが司会を務めていたケーブルチャンネルの番組を撮影するために立ち寄ったジャズクラブ。その後は音楽を介してつながり、まじめな交際を続けてきた。 キム・ガオンはソウル大やバークレー音楽大学、そしてニューヨーク大学大学院の修士課程を修めた将来を嘱望されているアーティスト。現在、白石(ペクソク)芸術大学の実用音楽科教授として在職中だ。一方、1996年MBC(文化放送)25期の公採タレントとしてデビューしたカン・ソンヨンは、映画やドラマを行き来しながら幅広い演技活動を行っており、最近ではケーブルチャンネルELLE atTV「F.B.I」などを通じて司会としても活躍中だ。 カン・ソンヨンは「愛と希望のエネルギーでリードしてくれる姿にとても感動しました。互いに寄り添って仲良くやっていきたいです」と結婚についての気持ちを明かしていた。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 09月 16日 03:19