[芸能] KARAが10カ月ぶりに韓国でカムバック

韓流スターKARA(カラ)が長い間の空白を破ってカムバックした感想を明らかにした。 KARAは14日午後5時、ソウルのSBS(ソウル放送)公開ホールで3集発売記念記者懇談会を開き、「緊張したが熱心に作った歌が収録されただけに期待が大きい」としてカムバックの感想を伝えた。この日の懇談会には取材陣のほか海外ファンらも殺到しKARAの人気を実感させた。 ハン・スンヨンは、「KARAの3集が韓国で出ることになった。他のアルバムより愛着を持って作ったアルバムだ。歌から振りつけまでメンバーが直接参加した。短い活動だが熱心にやりたい」と明らかにした。パク・ギュリは、「一生懸命に努力した姿が見られれば良い。心が震えてドキドキする」と期待を表わした。 KARAが韓国で新しい作品を発表するのは昨年11月のミニ4集「Jumping」以来10カ月ぶりだ。KARAは6日に3集「STEP」を発表すると同時に音楽サイトを制覇し変わらぬ人気ぶりを誇示した。KARAは6週間にわたり韓国で活動を行った後、日本に渡り活動を継続する計画だ。 KARAはファンとのコミュニケーションのため動画サイトのユーチューブに「KARAチャンネル」を用意してKARAの活動と関連したさまざまな姿を公開する。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 09月 15日 19:07