[芸能] ブラウンアイドガールズ、日本での初単独コンサートが大盛況!

ガールズグループのBROWN EYED GIRLS(ブラウンアイドガールズ)が、日本進出の成功を予期させた。 ブラウンアイドガールズは12日、東京にある渋谷C.C.Lemonホールで2000人の観客が集まる中、日本での初単独コンサートを開催した。ファンの歓呼の中から登場したブラウンアイドガールズは、ヒット曲「Abracadabra」「Candy Man」を連続して披露し、熱狂的なパフォーマンスを繰り広げた。これに続いて「近づいて」「Second」などを歌ってアーティスティクな一面ものぞかせた。特に23日にリリース予定のアルバム収録曲のうち、ジェアが自ら作曲を手がけた「不便な真実」が初公開されたこともあり、日本のファンから大きな拍手が沸いた。 ブラウンアイドガールズは「コンサート会場がファンでいっぱいに埋め尽くされたのを見て感無量でした。まもなく発売される4枚目のアルバムもたくさん応援してください」と伝えた。同日、会場には日本最高のラッパーでありアーティストのSEAMO(シーモ)も登場した。彼はコンサートを最後まで見届け、彼女たちの優れた歌唱力やミリョのラップに深く感嘆していたという。 一方、ブラウンアイドガールズは23日に4集アルバムのリリースを控えており、16日にその収録曲の一部を先行公開する予定だ。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 09月 15日 00:51